パート主婦が、知らぬ間に疲れる原因【無意識マルチタスクが落し穴】

スキマ起業

夜には疲れが限界の、パート主婦の皆さん。保育園や小学校低学年のママはとくに大変!体力だけでなく、知らぬ間に色々な疲れを感じているんです。放っておくと物忘れの原因にも…。この記事では「疲れの原因」を知り、「改善する方法」をお伝えします。今は難しい方も、今後にお役立てくださいね。

こんにちは。ネットビジネス一歩目のパート主婦、高丘桃衣(もえ)です!
最近なんだか、ぐったり疲れがち…と感じることが増えたんです。
アラフォーだから??サプリも飲んでいるのに(泣)
同じように疲れを感じる、パート主婦の方いませんか?


このままのパート生活だと今後がキツい!と感じたので、私は「40歳までにネットビジネスに転身する」という目標を立てました。

パート主婦は、時間に追われてクタクタですよね…。そんな日々から抜け出したくて「時間マネジメント」を学び、今では時間を有効につかえるようになりました。「時間に追われる生活」を改善できたら嬉しいかたはこちら↓


この記事では、日々パートをしつつ保育園&小学校低学年の子育てをしている私が…
「これが精神的にキツい!」と思うことを、パート主婦の観点から疲れについて執筆します!

✓本記事の内容

・パート主婦の疲れる原因はこれ!【マルチタスク】
・パート主婦の疲れる思考を改善!【すぐ行動かメモる!】
・まとめ

パート主婦の疲れる原因はこれ!【マルチタスク】

パート主婦は、仕事・家事・育児でとにかく多忙!!

だから…

色々なことを覚えていたり考えたりしないと、夜の支度や朝が回らないんです!

女性は性質上、元々複数の物事を同時にこなせると言われています。
しかし物事を同時にこなすマルチタスクは、作業効率の低下につながることはご存知でしょうか。

パート主婦は基本的に何かをしながら、「あれをやったら次はこれ…」と頭の中で思考が行ったり来たり。

でも、ずっと考えを頭に入れ続けるのって、結構疲れませんか?

この時、脳がどうなっているかというと…
ワーキングメモリという思考の部屋にずっと考え事があって、他のことを処理するスペースが減り、処理能力が低下している状態になっています。

ママは常に、家事と育児を気にしていますよね。それは仕事をしながらでも同じこと。

ママはマルチタスクが通常運転なのです。

何かを考えながら、違う作業をするマルチタスク。
これが作業効率の低下につながり、知らぬ間に頭と体が疲れてしまう原因だったのです。

では、どうしたらマルチタスクを改善できるのでしょうか。
次項では改善策をお伝えしますね。

パート主婦の疲れる思考を改善!【すぐ行動かメモる!】

本項では、パート主婦の疲れる思考「マルチタスク」を改善させるコツをご紹介します!

✓改善策はこれ!

・すぐやる!!
・メモを活用する!

なんと言っても、すぐやれることはやってしまいましょう!

そうは言っても、子どもにこんなこと言われたら…

「宿題のここ分からない!」
「ママ、おトイレー!」
「うまくできないーー!!」
「お茶ちょうだいっ」
「スプーンとってー」
「フタあけてー」


お料理していても、包丁置いて子どもの元に行きますよね。

ここで、ママの頭の中にはやりたいことが「あれとあれと…」となり、マルチタスクが始まります。

ここがポイント!

包丁を置いたタイミングでメモに、取り込みたかった「せんたく」とか、冷蔵庫から取るつもりだった「にんじん」などサッと書きます


ママの気持ち的には、すぐに子どもの元に行きたいですが「はいはーい、今行くねー」と言いながらの3秒なら子どもは待てます!

そうすると、キッチンに戻った時にやりたかったことをすぐに手にすることができます。

また、キッチンに戻った頃には「なんだっけ?」ってなることも防ぐことができます。

もっと言うなら、お料理してる合間に頭に浮かんだ事を面倒でもメモしておくのが、後々スムーズになります。

(私はペンを触った手で、お料理をするのが嫌なのでキッチンに消毒のポンプを置いています。)

出先ならスマホのメモでもオッケーです!
私はキッチンとバッグには小さいメモ帳とペンを用意していますよ。

「頭の中で覚えておく」という形でメモできることにも限りがあるので、紙のメモはオススメなんです。

私がメモしたこと
・提出物
・写真の締め切り
・夕飯の使わないといけない食材
・明日の予定
・銀行
・洗濯(取り込む)
・お風呂掃除
・ほうれん草(茹でたい)
・掃除機
・持ち物(子どもの)

などなど。
メモすると覚えておく必要がなくなります。
余計なことを考えなくていいので、頭がスッキリしますよ。

私の頭の中に無意識に考えていたことが無くなって、ものすごいスッキリした実体験を一つ執筆します。

私が出勤前に、夫が「今日は在宅だから、子どものお迎えと夕飯の支度はしておくね」と言ってくれたんです。この時の開放感と言ったら、もう頭と心が軽くなって一日ルンルン♪
仕事が久々に独身以来の本気モードでした。余計なことを考えなくていいので、仕事に全集中できたんです(笑)

お迎えと夕飯が、こんなにも私の思考を埋めていたのかと思い知った出来事でした(笑)

ママなら、お迎えも夕飯の支度もやるのが当たり前と思われるかもしれません。
でも、こどものペースの帰り道何度も中断される夕飯の支度は私にはかなりのストレス

お迎えと夕飯の支度…月一回でも無くなったら「ハッピーな方」、「共感してくれるママ」きっとそれなりの数いると思うんです。

たまにはお迎えを誰かに行ってもらうとか、夕飯を作り置きしておくとか…
パート主婦もたまには何も考えなくていい日を作って、体も思考も息抜きしたいものですね。


もちろん夫は家事も協力してくれるし

・仕事で帰りが遅い
・上司と部下の関係
・取引先との関係
や締切業務

など、働く男性としてのストレスがあると思います。

それを分かったうえで、ママは「自分のペースで家事を進められないストレスは結構キツい」こと。
これも分かり合えたら嬉しいな…と思うところです。

まとめ


マルチタスクは脳の思考の部屋をせばめてしまい、知らぬ間に疲れる原因になっています。

マルチタスクの改善には
・すぐやること
・メモすること

をオススメしました。

人間が同時に処理できる能力は5〜7こまでしかないそうです。しかもこの能力は、加齢によって衰えると言われています。

最近、「あれ、なんだっけ??」と突発的な物忘れが増えたママ。思考の部屋がキャパオーバーで、覚えられなくなっているので要注意です。
今から思考の部屋のスペースを確保するメモ習慣を身につけたいですね。

小さいお子さんのママは、メモすることさえ大変だと思います。それでも忙しい毎日を少しでも快適に過ごせるように、できる範囲でメモしてみてはいかがでしょうか。

限りある時間を有効に使うことができれば、新しいことにチャレンジすることも可能になりますよ。

忙しいパート主婦の皆さんが、少しでも思考をクリア&作業効率アップ自分のための素敵な時間を作れるようになったら嬉しいです。^^

相談に乗っています♪
時間マネジメントやオンラインビジネスが気になる方、「30分無料相談会」をオンラインから受け付けております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました